ぬちまーす

1月 9, 2018

nutima-su「ぬちまーす」は、うるま市にある製塩工場で作られている塩のことです。

「ぬち」は沖縄の方言で「命」。

「まーす」は「塩」。

「命の塩」という意味です。

海中道路で沖縄本島と繋がっている宮城島の沖合の海水のみを原料とし、添加物は一切使用していません。

細かい霧を発生させて塩を作る製法は「常温瞬間空中結晶製塩法」と呼ばれ、「ぬちまーす」の特許製法だそうです。

工場と同じ建物内のショップでは、塩の他にお菓子、美容品など塩を使った商品がずらりと並んでいます。

「ぬちまーす」工場の地図はこちら。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | ぬちまーす はコメントを受け付けていません。

kaisendonうるま市にある「海の駅~あやはし館」は、平安座島と沖縄本島を結ぶ海中道路の真ん中にあります。

そこのレストランのメニュー「海鮮丼」はリーズナブルに海鮮を食べられるとして人気です。

昔の大衆食堂のような雰囲気の店内。

窓から望める美ら海。

おきなわそばとセットでワンコインで食べられるとして、お昼時には並ぶほど。

気軽に寄って行けるレストランです。

海の駅~あやはし館~の地図はこちら。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | 海の駅~あやはし館~海鮮丼 はコメントを受け付けていません。

A1ソース

10月 17, 2017

a1so-su「A1ソース」は、ステーキが大好きな沖縄県民の必須アイテム。

原料は、トマトや野菜、フルーツなどに醸造酢を加えています。

戦後、米軍基地のある沖縄はアメリカ文化の影響を受け、ステーキの肉は赤身のテンダーロインが人気です。

その赤身のお肉に合うのが、酸味が効いた「A1ソース」ということです。

「A1ソース」は実はアメリカ産ではなく、イギリス産。

普通のステーキのソースと違ってクセがある味なので、やみつきになります。

スーパーで手に入ります。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | A1ソース はコメントを受け付けていません。

沖縄の味噌汁

10月 8, 2017

okinawanomisosiru沖縄の定食屋さんで「味噌汁」を注文すると、その大きさや具だくさんに驚く観光客は多いです。

汁椀ではなく、どんぶりで出てくるのが普通です。

自宅で食べる味噌汁の具といえば、わかめ、豆腐、油揚げなどが定番ですが、定食屋さんに行くと、お店によっても違いはありますが、島豆腐、豚肉、玉ねぎ、ポーク、シロナ(山東菜)、もやし、大根などがどっさり入った味噌汁がやってきます。

これだけの種類が入るので、立派なおかずです。

料金も比較的良心的なメニューなので、沖縄の人には人気のメニューです。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | 沖縄の味噌汁 はコメントを受け付けていません。

mango-kafe-konoha

「マンゴーカフェ木の葉」は2016年4月に豊見城市にオープンしました。

写真でも分かるように、カフェというよりは大きな一軒家。

中に入っても、玄関は普通の家の玄関で、一番座、二番座があったり、子供部屋になりそうな個室があったりと、まるで誰かの家にお邪魔しているような感覚です。

家も大きくて素晴らしいですが、オーナーが自ら手入れをするという庭園も散策OKなほど大きくて見ごたえがあります。

マンゴー農家が始めたカフェらしく、メニューにはマンゴー100%ジュースをはじめ、マンゴーかき氷、マンゴージュースで煮込んだキーマカレーなどがあります。

定休日は水曜日。

駐車場が隣接してあるので訪れやすいです。

「マンゴーカフェ木の葉」の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄で遊ぶ, 食べ物・飲み物・特産物 | マンゴーカフェ 木の葉 はコメントを受け付けていません。

jafa-ma-zukuganiJAファーマーズ南風原「くがに市場」は、平成27年4月に南風原町津嘉山にオープンしました。

「くがに」とは、町内にある「黄金森(くがに)」にちなんで付けられたもので、「生産者の汗、利用者の喜び・キラキラ輝いてほしい」との思いが込められているそうです。

地域特産品にはカボチャ、スターフルーツ、ストレリチアがあり、特にカボチャは全国各地へ発送するほど。

お正月やウークイなどはお休みですが、それ以外は営業しています。

JAファーマーズ南風原「くがに市場」の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄で遊ぶ, 食べ物・飲み物・特産物 | JAファーマーズ南風原「くがに市場」 はコメントを受け付けていません。

第6回那覇めし

3月 12, 2017

nahamesi「あなたの1票でグランプリが決定!」

3月11日、12日の両日、那覇市の奥武山公園で「第6回那覇めし」が開催されました。

那覇市内の25店舗が集まり、自慢のメニューを出品します。

それらのメニューの中から選んで投票すると、グランプリが決定するそうです。

入場無料になっていますが、各メニューは特別金券が必要で、事前購入や当日購入で買い求めることができます。

今年のグランプリは「美食房 夕月」の「チキン甘だれ月見ガーリックめし」に決定しました。

by | Categories: 沖縄で遊ぶ, 食べ物・飲み物・特産物 | 第6回那覇めし はコメントを受け付けていません。

豆腐チャンプルー

1月 20, 2017

tofutyanpuru「豆腐チャンプルー」に目玉焼きが乗っかったオリジナル豆腐チャンプルーです。

「チャンプルー」というのは「混ぜこぜにしたもの」の意味で、沖縄にはたくさんのチャンプルー料理があります。

その中の一つ、「豆腐チャンプルー」。

材料は豆腐、キャベツ、もやし、ポーク又は豚肉などが主ですが、家庭によってオリジナルがたくさんあり、他の野菜だったり、コンビーフだったりも使用されます。

ちなみにここで使用される豆腐は、当然「島豆腐」です。

木綿豆腐よりも固く、チャンプルーに適しています。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | 豆腐チャンプルー はコメントを受け付けていません。

糸満漁民食堂

1月 4, 2017

itomangyominsyokudo「糸満漁民食堂」は、「海人(うみんちゅ)の街・糸満」にあります。

名前とは裏腹に外観が洗練されていて、琉球石灰岩を積み立てた外壁は、その年の「JDCデザインアワード」や「GOOD DESIGN AWARD」などで受賞するほどおしゃれ。

メニューには、「魚が美味しい糸満市」を象徴するように魚料理がずらりと並びます。

「魚汁定食」「イマイユのバター焼き」「海ブドウとマグロのトロロ丼」など。

営業時間は11時~22時。

糸満漁民食堂の地図はこちら。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | 糸満漁民食堂 はコメントを受け付けていません。

sa-ta-andagiサーターアンダギーは、沖縄の伝統菓子の一つです。

「サーター」は砂糖、「アンダギー」は油で揚げたものという意味です。

主な材料は小麦粉、砂糖、卵ですが、生地に黒糖やカボチャ、紅芋などが入ったアレンジも豊富にあります。

低温の油でゆっくり揚げるため、外はカリッと、中はふんわりします。

揚げている過程で花が咲くように割れるため、縁起の良い菓子として知られています。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | サーターアンダギー はコメントを受け付けていません。