バヤリース自販機

6月 26, 2019

bayari-suokinawa

「バヤリース」は、アサヒ飲料から販売されている果汁飲料です。

沖縄では当初、米軍基地内でしか販売されておらず、民間地域での販売は、1951年に「沖縄バヤリース」の前身である「バヤリース・カリフォルニア・オレンジ社」が始めました。

それ以来、沖縄ではスーパーやコンビニで販売される、馴染みの深い身近な飲料水となっています。

那覇空港の自動販売機では、沖縄らしくパインやシークヮサー、グァバ、マンゴーなどの果汁が販売されていました。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | バヤリース自販機 はコメントを受け付けていません。

ピザハウス新本店

5月 29, 2019

pizzahousejr「ピザハウス」を創業したのは日本人でした。

旧コザ市にオープンさせ、軍人やその家族にアメリカンスタイルのレストランとして人気を博しました。

その後移転を重ね、現在は浦添市港川にて営業しています。

名前こそ「ピザ」とついていますが、本格的な肉料理に豊富なワインがメニューに並び、店内のアメリカンな雰囲気とともに楽しめる空間です。

ピザハウス新本店の地図はこちら。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | ピザハウス新本店 はコメントを受け付けていません。

sakurakaika2019沖縄で、早くも桜が見頃を迎えています。

早いもので咲き始めたのは1月中旬頃。

沖縄の桜は北部地域から咲き始めるのですが、本島北部の今帰仁村や本部町では、それに合わせて桜祭りが開催されました。

桜前線は南部地域に移行し、各地で濃いピンクから淡いピンク色した「カンヒザクラ」が、行き交う人々の目を楽しませています。

写真でも分かるように、「カンヒザクラ」は下向きに咲くので鑑賞しやすいのですが、写真に撮ろうとすると逆行になりがちです。

沖縄で有名な桜ですが、耐寒性もあるので、関東でも育つことはあるようです。

by | Categories: 沖縄のニュース, 食べ物・飲み物・特産物 | カンヒザクラ開花2019 はコメントを受け付けていません。

tountiguwa糸満市西崎にある沖縄そば屋さん「そば処 とぅんち小」。

「とぅんちぐわー」と読みます。

漢字では「殿内」と書き、琉球王朝時代の大名屋敷のことを指します。

親しみを込めて「小(ぐわー)」をつけたそうです。

お昼時はいつもお客さんがたくさんいますが、駐車場も広くて入りやすい場所です。

沖縄そば専門店だけあって、「ソーキそば」「野菜そば」「てびちそば」など豊富な種類のメニューがありました。

沖縄ではなじみのある万能生薬、よもぎ(フーチバー)も無料でもらえるそうです。

ちなみに本店は南風原町津嘉山にあります。

そば処 とぅんち小 西崎店の地図はこちら。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | そば処 とぅんち小 西崎店 はコメントを受け付けていません。

kurisyuna沖縄市にある「プラザハウス」には飲食店がいくつかありますが、その中に「クリシュナ」というインド料理屋さんがあります。

お店の入り口では、インド人の料理人がナンを作っている様子が見られます。

店内はインドならではの置物や音楽も流れていて、その雰囲気の中で本場のカレーを味わうことができます。

お客さんの中には、ナンを目当てに訪れる人も多いようです。

お皿からはみ出るほどの大きなナンは、外はカリカリ、中はもちもちで勿論カレーとの相性は抜群です。

「インド料理 クリシュナ」の地図はこちら。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | インド料理店 クリシュナ はコメントを受け付けていません。

HantaBaru

4月 9, 2018

hantabaru中城湾を望む高台に「HantaBaru」というイタリアン食堂があります。

自動車販売店が軒並み続く通りの裏手にあり、周辺は真新しい住宅が建ち始めている様子でした。

ランチの前菜、ドリンクはビュッフェになっていて、メイン料理は牛、豚、鶏、魚から選べます。

夜はワインなども提供しているようです。

店内の席とテラス席がありますが、ランチ時にはほぼ満席。

駐車場も広く、トイレが可愛く飾り付けてあったりおむつ台があったりと、女性に人気のイタリアン食堂です。

HantaBaruの地図はこちら。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | HantaBaru はコメントを受け付けていません。

ぬちまーす

1月 9, 2018

nutima-su「ぬちまーす」は、うるま市にある製塩工場で作られている塩のことです。

「ぬち」は沖縄の方言で「命」。

「まーす」は「塩」。

「命の塩」という意味です。

海中道路で沖縄本島と繋がっている宮城島の沖合の海水のみを原料とし、添加物は一切使用していません。

細かい霧を発生させて塩を作る製法は「常温瞬間空中結晶製塩法」と呼ばれ、「ぬちまーす」の特許製法だそうです。

工場と同じ建物内のショップでは、塩の他にお菓子、美容品など塩を使った商品がずらりと並んでいます。

「ぬちまーす」工場の地図はこちら。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | ぬちまーす はコメントを受け付けていません。

kaisendonうるま市にある「海の駅~あやはし館」は、平安座島と沖縄本島を結ぶ海中道路の真ん中にあります。

そこのレストランのメニュー「海鮮丼」はリーズナブルに海鮮を食べられるとして人気です。

昔の大衆食堂のような雰囲気の店内。

窓から望める美ら海。

おきなわそばとセットでワンコインで食べられるとして、お昼時には並ぶほど。

気軽に寄って行けるレストランです。

海の駅~あやはし館~の地図はこちら。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | 海の駅~あやはし館~海鮮丼 はコメントを受け付けていません。

A1ソース

10月 17, 2017

a1so-su「A1ソース」は、ステーキが大好きな沖縄県民の必須アイテム。

原料は、トマトや野菜、フルーツなどに醸造酢を加えています。

戦後、米軍基地のある沖縄はアメリカ文化の影響を受け、ステーキの肉は赤身のテンダーロインが人気です。

その赤身のお肉に合うのが、酸味が効いた「A1ソース」ということです。

「A1ソース」は実はアメリカ産ではなく、イギリス産。

普通のステーキのソースと違ってクセがある味なので、やみつきになります。

スーパーで手に入ります。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | A1ソース はコメントを受け付けていません。

沖縄の味噌汁

10月 8, 2017

okinawanomisosiru沖縄の定食屋さんで「味噌汁」を注文すると、その大きさや具だくさんに驚く観光客は多いです。

汁椀ではなく、どんぶりで出てくるのが普通です。

自宅で食べる味噌汁の具といえば、わかめ、豆腐、油揚げなどが定番ですが、定食屋さんに行くと、お店によっても違いはありますが、島豆腐、豚肉、玉ねぎ、ポーク、シロナ(山東菜)、もやし、大根などがどっさり入った味噌汁がやってきます。

これだけの種類が入るので、立派なおかずです。

料金も比較的良心的なメニューなので、沖縄の人には人気のメニューです。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | 沖縄の味噌汁 はコメントを受け付けていません。