yakuninyamatoga-「大和井(やまとがー)」は宮古島市にあります。

宮古島はサンゴ礁(石灰岩)で出来ており、生活用水を確保するためには硬い石灰岩を掘らなければなりません。

現在は地下ダムが出来ていますが、それまでは昔の人々は自然にできた洞穴井戸を利用していました。

1992年12月に国の史跡に指定された「大和井」は、周囲約20メートル、高さ約6メートル。

伝承によると、この井戸は首里王府や薩摩藩から派遣された役人専用の井戸で、造りも頑丈で見張り番もいたとか。

庶民はここから50メートルほど離れたところにある簡素な造りの井戸を利用していたようです。

「大和井(やまとがー)」の地図はこちら。

 

 

by | Categories: 沖縄の歴史・文化, 離島 | 大和井(やまとがー) はコメントを受け付けていません。

八重瀬グスク跡

7月 6, 2017

yaesegusukuato「八重瀬グスク跡」は、「八重瀬公園」の入り口の駐車場から階段を登っていって、左手に見えてきます。

約600年前頃に築かれたとみられていて、八重瀬の按司の居城であったそうです。

石垣が所々にあって、グスクの名残りが見られるものの、説明板がなければ分かる人は少ないでしょう。

城内には、「火の神」や「拝所」「井泉」が数か所あり、現在でも村人たちの深い信仰の場となっているそうです。

八重瀬グスク跡の地図はこちら。

 

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 八重瀬グスク跡 はコメントを受け付けていません。

沖宮

4月 17, 2017

okiguu「沖宮」は、奥武山公園内にあり、琉球八社の一つです。

1451年に創建されたと言い伝えられており、歴代琉球王や民衆にも崇められていました。

沖宮の主神である天受久女龍宮王御神(別名・天照大御神)がご鎮座されているという石碑の前がパワースポットのようです。
毎年、読売ジャイアンツがキャンプを行う際に祈祷する場所でもあります。

沖宮の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 沖宮 はコメントを受け付けていません。

karatenisentenasinohi

沖縄で形成された空手を県外へ普及させ、東京に「松濤館」道場を開設するに至りました。

「空手に先手なし」とは空手の格言だそうです。

「松濤二十訓」というのがあって、その中の一つだそうです。

他には「空手は礼に始まり礼に終わることを忘るな」など。

 

 

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 船越義珍顕彰碑(空手に先手なし) はコメントを受け付けていません。

okinawakaratekaikan沖縄は空手発祥の地。

国内外に発信する拠点として、「沖縄空手会館」が2017年3月4日に落成しました。

練習や大会開催などできる空手道場はもちろん、空手関連グッズなどを販売するお店、体験コーナーや資料室、そして特別道場として「守禮の館」があります。

新たな沖縄の独自の文化遺産として、空手愛好家のみならず誰でも空手に親しめる施設です。

沖縄空手会館の地図はこちら。

 

by | Categories: 沖縄のニュース, 沖縄の歴史・文化 | 沖縄空手会館オープン はコメントを受け付けていません。

ijinuderaatewohiki白銀堂の境内内に、この石碑がありました。

「意地ぬ出じらぁ、手引き 手ぬ出じらぁ、意地引け。」 と彫られています。

「短気をおこしたら、手を出さないようにし、手 が出ようとしたら、心をしずめよ」と戒めているそうです。

以下は、古くから伝わる白銀堂での民話です。

昔々、糸満村に働き者の漁師が遭難して船と漁具を失い困り果てていたところ、見かねた薩摩の武士がお金を貸したました。

しかし不漁が続いて約束の期限に借金を返す事ができない漁師が命乞いをしたときに言ったことわざで、武士は刀を収め、薩摩の家に帰ったところ自分の妻が見知らぬ男と寝ていました。

男は怒り、刀を振り上げましたが、漁師の言葉を思い出しました。

よくよく見れば妻の母が、女だけの家は不安なので男の格好をしていたとのことで、武士は妻と妻の母を殺さずに済んだのです。

白銀堂の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 意地ぬ出じらぁ手引き 手ぬ出じらぁ意地引け ~白銀堂より はコメントを受け付けていません。

白銀堂

9月 13, 2016

hakugindo糸満市は昔から海人の街として知られ、航海の安全と豊漁を祈願する、糸満の氏神様が「白銀堂」という拝所に設けられています。

境内には隆起サンゴの巨石があり、住宅地とは思えないほど独特の雰囲気です。

あまり大きくない白銀堂ですが、旧正月には参拝客でにぎわったり、糸満ハーレーで優勝したチームが参拝したり、地元人にとって欠かせない場所です。

ちなみに「シロガネの御イベ」と呼ばれる自然の鍾乳石が、航海の安全と豊漁を司る神様として祀られています。

白銀堂の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 白銀堂 はコメントを受け付けていません。

santelinmo-kaisyuhi糸満市にある、山巓毛(さんてぃんもー)公園。

高台の住宅地にあります。

頂上には、戦前からの遺構として御大典記念山巓毛改修碑、国旗掲揚台及び防空監視哨跡が残っています。

大典記念山巓毛改修碑は、昭和天皇の即位を記念して昭和7年に白銀神社改築期成会によって山巓毛が整備されたされた時の記念碑だそうです。

しかし昭和20年の米軍が上陸すると、攻撃目標になるとして日本軍によって倒されました。

写真で見てもわかるように、台座の右横に倒れた石碑が置かれています。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 御大典記念山巓毛改修碑 in 山巓毛公園 はコメントを受け付けていません。

santelinmo--boukuukansisyo糸満市の山巓毛(さんてぃんもー)公園。

標高25mと高台になっていて、見晴らしもいいこの場所は、かつて敵機を発見するための「防空監視哨」が置かれていました。

レーダーが発達していなかった戦時中、敵機来襲を目で見て捕らえる重要な役割を担っていたのが「防空監視哨」で、沖縄県内の11か所に設置されました。

現在はその跡とみられる八角形の基礎部分が残されています。

拝所となっているそうです。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 防空監視哨跡 in 山巓毛公園 はコメントを受け付けていません。

sanntelinnmo-「山巓毛(さんてぃんもー)」は標高約25メートルの石灰岩丘陵です。

昔の沖縄は、14世紀頃には三山時代となり、北部の北山、中部の中山、南部の南山に分かれていました。

1429年、南山の最後の王・他魯毎(たるみい)が、中山王・尚巴志(しょうはし)の攻撃を受け、妻子ともに自害した場所です。

沖縄戦当時は敵機を発見するための「防空監視哨」が置かれたり、国旗掲揚台があったり、戦跡としても名が知られている場所です。

現在では、糸満ハーレー(海神祭)のときに、この場所でスタートをつげる合図の旗が振り降ろされます。

山巓毛の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化, 沖縄の風景 | 山巓毛(さんてぃんもー) はコメントを受け付けていません。