クバ笠

1月 23, 2017

kubagasa-raito「クバ笠」とは、「クバ」の葉を乾燥させて編み込んだ笠のことです。

「クバ」とは沖縄の方言で、「ビロウ」のこと。

「クバ笠」は植物でできているとは思えないほど頑丈で、水に強く、沖縄の強い日差しにも対応できます。

昔から沖縄では知られていて、畑作業をする人も、漁業をする人も使用します。

今では伝統工芸品のお店で手に入ると思います。

写真は「クバ笠」を再利用した照明器具となっています。

by | Categories: 沖縄の動植物 | クバ笠 はコメントを受け付けていません。

豆腐チャンプルー

1月 20, 2017

tofutyanpuru「豆腐チャンプルー」に目玉焼きが乗っかったオリジナル豆腐チャンプルーです。

「チャンプルー」というのは「混ぜこぜにしたもの」の意味で、沖縄にはたくさんのチャンプルー料理があります。

その中の一つ、「豆腐チャンプルー」。

材料は豆腐、キャベツ、もやし、ポーク又は豚肉などが主ですが、家庭によってオリジナルがたくさんあり、他の野菜だったり、コンビーフだったりも使用されます。

ちなみにここで使用される豆腐は、当然「島豆腐」です。

木綿豆腐よりも固く、チャンプルーに適しています。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | 豆腐チャンプルー はコメントを受け付けていません。

糸満漁民食堂

1月 4, 2017

itomangyominsyokudo「糸満漁民食堂」は、「海人(うみんちゅ)の街・糸満」にあります。

名前とは裏腹に外観が洗練されていて、琉球石灰岩を積み立てた外壁は、その年の「JDCデザインアワード」や「GOOD DESIGN AWARD」などで受賞するほどおしゃれ。

メニューには、「魚が美味しい糸満市」を象徴するように魚料理がずらりと並びます。

「魚汁定食」「イマイユのバター焼き」「海ブドウとマグロのトロロ丼」など。

営業時間は11時~22時。

糸満漁民食堂の地図はこちら。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | 糸満漁民食堂 はコメントを受け付けていません。