ma-tyu-yamaato松山公園内にあるマーチューヤマアト(松尾山跡)。

琉球王国時代、松尾山は久米村の所有地でした。

1899年の土地整理事業で県の所有地となった後から、尋常小学校、病院、裁判所などが配置されていきました。

1944年の沖縄戦で松尾山やそこにある施設は一部焼失し、1977年の公園整備事業にて、現在の松山公園・福州園が整備されました。

石碑は、現在芝生の広場となった場所の端っこにあります。

マーチューヤマアトの地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | マーチューヤマアト in 松山公園 はコメントを受け付けていません。