matuyamajinjosyogakkoato松山公園内には、様々な石碑がありますが、これもそのうちの一つ。

「松山尋常小学校・国民学校」がありました。

松山尋常小学校は1902年に開校、その後国民学校として名前を変更します。

終戦後、1951年(昭和26)には小学校・病院跡地に那覇商業高等学校が開校しました。(写真の石碑の後ろは那覇商業高等学校の校舎です)

松山尋常小学校・国民学校跡の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 松山尋常小学校・国民学校跡 in 松山公園 はコメントを受け付けていません。

kumemurahassyonoti松山公園内に、「久米村発祥の地」という石碑があります。

はるか昔、中国の福建から沖縄に移住してきた人々がいました。移住者たちは、「久米三十六姓」と呼ばれています。

当時の琉球において、先端文明をもった移住者である「久米三十六姓」の政治的・経済的な地位は極めて高く、その末裔は今もなお、沖縄で大きな影響力を持っています。

彼らの住む「久米村」は当初城壁で覆われ、対外貿易の拠点・要塞となり、1609年に薩摩藩が琉球に侵攻した際には強く抵抗したそうです。

琉球政府の高官を務めた「久米三十六姓」の子孫は数多く、鄭迥氏や蔡温氏はいずれも、三司官にまで出世しました。那覇市牧志には今でも、「蔡温橋」という名前の橋が残っています。

久米村発祥の地の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 久米村発祥の地 in 松山公園 はコメントを受け付けていません。