外間家の高倉

4月 22, 2015

沖縄県本島うるま市勝連に、外間家の高倉は残っています。

建築してからおよそ110年以上経つといわれ、昭和53年12月に移築されたそうです。

学校の授業で学んだことのある「高床式倉庫」で、ねずみの害や湿気からもみを守るために作られました。

奄美諸島、沖縄諸島、宮古島以外の八重山諸島に、この形式の倉庫は分布しています。

沖縄諸島の高倉は、柱が2本、6本、9本だったりしますが、八重山諸島の高倉は柱が低く、また違った形をしているようです。

うるま市市役所勝連庁舎の敷地内にあり、図書館の裏に隠れるようにあります。

外間家の高倉の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 外間家の高倉 はコメントを受け付けていません。