「グスクロード公園」の敷地内に、玉城中学校発祥の地の石碑があります。

入り口を通りすぎてすぐに見つけることが出来るでしょう。

昭和23年4月に「玉城中等学校」として創立された後、昭和27年に「玉城中学校」と改称しました。

現在この中学校は、小学校と共に南城市役所のすぐ横にあります。

小中学校が無い「奥武島」からも生徒が登校してきます。

ちなみに、三重県にも同じ漢字の「玉城中学校」とあるそうですが、こちらの読みは「たまき」、沖縄県南城市の「玉城中学校」の読みは「たまぐすく」となっています。

玉城中学校発祥の地の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 玉城中学校発祥の地 はコメントを受け付けていません。