仲原馬場

11月 25, 2014

仲原馬場(ナカバルババ)は別名マーウイとも呼ばれ、今帰仁小学校の西側に位置する競馬場跡地です。

馬場は距離が約250m、幅約30m。

昭和34年6月1日に県の文化財(史跡)指定をうけています。

しかしいつ頃作られたのかは不明で、古記の航海日誌などから推測すると、1614年頃には競馬が行われていたようです。

観覧席の名残もわずかながら残されていて、写真でも分かる通り、周りには立派な琉球松並木が連なっています。

他にも沖縄各地にあった馬場は、沖縄戦で破壊され、現在では沖縄で唯一形を残している馬場となっています。

仲原馬場の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 仲原馬場 はコメントを受け付けていません。