オオバアカテツ

5月 6, 2014

「オオバアカテツ」は、アカテツ科の常緑高木で街路や公園などに植栽されています。

「アカテツ」より葉が大きいことから「オオバアカテツ」という名がついたそうです。

原産地は台湾で、昭和50年頃に導入されたとのこと。

「フクギ」のように真っ直ぐに立つ姿形で、街路樹などとして使い勝手が良いのだそうです。

しかし過去には「オオバアカテツ」の花が咲いたことで臭気が出て、周辺住民を悩ませたことがありました。

那覇市では2001年以降、「オオバアカテツ」を街路樹に植栽することはなくなったようです。

果実は食べられるようですが、可食部が少ないです。

たまにコウモリなどが食するようです。

by | Categories: 沖縄の動植物 | オオバアカテツ はコメントを受け付けていません。