戦没新聞人の碑

4月 19, 2014

「護国寺」の裏手にある公園内に、「戦没新聞人の碑」という碑があります。

その名の通り、沖縄戦で命を落とした新聞記者の碑です。

「1945年春から初夏にかけて沖縄は戦火に包まれた。砲煙弾雨の下で新聞人たちは2カ月にわたり新聞の発行を続けた。これは新聞史上例のないことである。その任務を果たして戦死した14人の霊はここに眠っている」と説明されています。

当時の沖縄新報、朝日新聞、毎日新聞の皆様のお名前が並べられています。

発行は45年3月下旬から5月22日。

新聞といってもタブロイド判2ページですが、毎日兵隊や警察官、男子師範生徒らによって戦火をくぐって配達されたそうです。

戦没新聞人の碑の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化, 沖縄の風景 | 戦没新聞人の碑 はコメントを受け付けていません。