「久米島紬」は、久米島で織られている絹織物です。

「紬」は「紡織り」の略で、蚕繭から糸を取り出し、よりをかけて丈夫な糸に仕上げて織るものです。

1609年薩摩に侵略を受けてから、人頭税が課せられ、貧しい人々はお米の代わりに紬を納めていたそうです。

その歴史を「ユイマール館」では知ることができ、染料の植物や作業工程が詳しく展示されています。

反物やバッグ、服、財布などを販売しています。

また「ユイマール館」では、バンダナやコースターなど久米島紬の体験が出来ます。

久米島紬「ユイマール館」の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化, 離島, 食べ物・飲み物・特産物 | 久米島紬「ユイマール館」 はコメントを受け付けていません。