「久米島紬」は、久米島で織られている絹織物です。

「紬」は「紡織り」の略で、蚕繭から糸を取り出し、よりをかけて丈夫な糸に仕上げて織るものです。

1609年薩摩に侵略を受けてから、人頭税が課せられ、貧しい人々はお米の代わりに紬を納めていたそうです。

その歴史を「ユイマール館」では知ることができ、染料の植物や作業工程が詳しく展示されています。

反物やバッグ、服、財布などを販売しています。

また「ユイマール館」では、バンダナやコースターなど久米島紬の体験が出来ます。

久米島紬「ユイマール館」の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化, 離島, 食べ物・飲み物・特産物 | 久米島紬「ユイマール館」 はコメントを受け付けていません。

沖縄県の仲井真知事は27日、普天間飛行場の移設に向け辺野古埋め立てを承認。

28日の朝刊の記事は、ほとんどがこのことについての記事でした。

アメリカ国防長官は、この承認を歓迎していますが、県知事の土壇場での公約違反に、沖縄県民は戸惑っていることを記事は伝えています。

仲井真知事は埋め立て承認にあたって「県民の意思に関係なく国際情勢は緊張している。沖縄は一定の役割を果たさなければならない」と述べ、決断の背景に近隣諸国との緊張があることを示唆しました。

仲井真知事の記者会見では、質疑応答の場で記者とのやりとりに声を荒げるなど、県民との間に感情のぶつかり合いも見られます。

沖縄は今後どうなっていくのか、全国からも注目を浴びるニュースとなりました。

by | Categories: 沖縄のニュース | 仲井真知事が辺野古埋め立て容認 はコメントを受け付けていません。

「久米の五枝[ごえ]の松 下枝ど枕 思童無蔵や 我腕まくら」

久米の五枝の松を湛えた琉歌の石碑です。

歌意は「久米の五枝の松は下枝を枕にしているが、愛しい彼女は私の腕を枕に寝る」と謡っています。

「五枝の松」は、国の天然記念物に指定されています。

「下枝を枕にしている」と、歌にもあるように、地面を這うように成長しているのが特徴です。

リュウキュウマツは普通、こういう成長をすることは無いので、とても貴重な松として讃えられています。

by | Categories: 沖縄の動植物, 離島 | 久米の五枝の松の琉歌 はコメントを受け付けていません。

トックリキワタ2013

12月 23, 2013

別名「トックリノキ」「ヨッパライノキ」または「酔いどれの木」として知られる「トックリキワタ」が開花の時期を迎えています。

11月頃からピンク色の花を咲かせ、年末頃まで人々の目を楽しませてくれます。

今年は早めに10月頃から咲き始めたようです。

公園、街路樹、庭木などに利用され、「南米の桜」とも言われているほど、一見桜に似ています。

実ができると中に綿を作り、実が割れるとその綿がふわふわと宙に舞うことも。

幹にはとげがあるので、近くで見る際には気をつけましょう。

by | Categories: 沖縄の動植物 | トックリキワタ2013 はコメントを受け付けていません。

久米島紬の機織り

12月 19, 2013

「紬」は「紡織り」の略で、蚕繭から糸を取り出し、よりをかけて丈夫な糸に仕上げて織った絹織物のことです。

沖縄の織物の素材をみると、芭蕉・芋麻・木綿・絹がありますが、絹織物は首里を除くほとんどが、久米島で織られていました。

それが「久米島紬」です。

中国から漂流した人から学び、その後、越前や薩摩からの使いによって、徐々に進歩していきました。

1900年代に入り、紬織物の指導を中心とした実業補修教育を施し、両村の子女を養成するようになりました。

「久米島紬」の最盛期には、当時の貧しい村民の生活を支えていたそうです。

1977年には「久米島紬」の技術が沖縄県指定無形文化財(保持団体)に指定されました。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化, 離島 | 久米島紬の機織り はコメントを受け付けていません。

亀そば うん玉店

12月 13, 2013

沖縄には、たくさんの沖縄そば店があります。

その中でも、沖縄そばランキングにもよく登場する「亀そば」。

アグー豚を使用したうま味たっぷりのダシと、沖縄そばに入れるには珍しくキクラゲが入っているのが特徴です。

亀そば、本ソーキそば、三枚肉そばの他、三枚肉丼、中落ち丼、カレーまであるという豊富なメニューです。

アイスティー、アイスコーヒー、お茶は無料サービス。

テーブル席、座卓席もあって家族連れに人気です。

営業時間は各店舗にもよりますが、うん玉店は11時~21時。

亀そば うん玉店の地図はこちら。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | 亀そば うん玉店 はコメントを受け付けていません。

沖縄赤瓦

12月 3, 2013

伝統的な沖縄赤瓦は、本葺瓦の系統に属する瓦で、平瓦に相当する女瓦と、丸瓦に相当する男瓦とからなります。

まず女瓦を並べて、その左右の継ぎ目を覆うように男瓦を被せ、台風などの強風にも耐えるように瓦どうしの隙間を漆喰で塗り固めます。

このため、赤瓦を用いた屋根は、瓦の赤と漆喰の白とのコントラストが際だつ外観が特徴となっています。

琉球地方の赤瓦は、当初は灰色が主流で、18世紀に入ってから現在のような赤色が使われ始めます。

しかし、一般の住宅では禁止されており、最初の頃は首里城正殿や王府・役所などの建物にしか使われませんでした。

一般住宅への赤瓦禁止令が解かれ、広く普及するようになり、屋根の上にシーサーを置くのもこれ以降だと言われています。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化, 食べ物・飲み物・特産物 | 沖縄赤瓦 はコメントを受け付けていません。