沖縄の天ぷら

10月 9, 2013

沖縄の天ぷらと、本土の天ぷらは衣が違います。

さくさくした食感の衣に天ぷらのつゆをつけて食べるのが本土の天ぷら。

沖縄の天ぷらは、小麦粉と卵と塩で衣を作ります。

えび、いか、いも、魚などの具に衣のタネをからめて揚げると、ふわふわした食感の天ぷらが出来あがります。

衣に塩味がついているので、つゆをつけることもなく、そのまま食べます。

沖縄では天ぷら屋さんが多く、スーパーの総菜コーナーでも当たり前のように販売されていて、買った直後からおいしくいただくことができるのです。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | 沖縄の天ぷら はコメントを受け付けていません。