「サイプレスリゾート久米島」はその名の通り久米島にあるホテルです。

ここの一番の魅力は、空港に近いために離着陸の飛行機が見ることができることではないでしょうか。

近くに飲食店などはなく、周りは畑が多いので、夜中に近所を歩くことはあまり出来ないでしょう。

静かなところで、のんびりしたい人、家族連れにはいいかもしれません。

ただ、目の前の海は干潮時になると岩だらけになってしまいます。

泳ぎたい人には向かないかもしれません。

写真は夜に撮ったもの。

サイプレスリゾート久米島の地図はこちら。

by | Categories: 離島 | サイプレスリゾート久米島 はコメントを受け付けていません。

畳石

10月 23, 2013

久米島町にある「畳石」は、沖縄県指定天然記念物に指定されています。

亀の甲羅のような岩が広がっています。

この形は、溶岩が冷え固まる時に出来る現象だとか。

この「畳石」は自然界の産物ですが、昔はもっと広い面積でした。

久米島と奥武島を結ぶ橋の工事が始まってから海流の流れが変わり、「畳石」が砂に埋まりだしたそうです。

時間によっては満潮となり、「畳石」が海の中に沈んで見えないこともあるので、干潮時に行くことをお勧めします。

畳石の地図はこちら。

by | Categories: 離島 | 畳石 はコメントを受け付けていません。

イーフビーチ

10月 16, 2013

「イーフビーチ」は、久米島町にある、白い砂浜のビーチ。

「日本の渚100選」に選ばれ、その石碑も堂々と建てられていました。

砂浜が広く、海の透明度も高いです。

遠浅のビーチなので子供連れの家族には向いていますが、魚やサンゴは少ないためシュノーケリングには向いていません。

近くにあるイーフビーチホテルから直接行けますが、敷地外の駐車場に停めることもできるので、完全なプライベートビーチではないようです。

のんびりしたい人におススメ。

by | Categories: ビーチで遊ぶ, 離島 | イーフビーチ はコメントを受け付けていません。

久米島にある比屋定バンタの展望台に行く前の階段に、大きなシーサーが壁一面に笑っていました。

よく見ると、赤瓦一枚一枚を組み合わせて張り付けたようです。

展望台への案内シーサーのようでした。

シーサーといえば、屋根の上や門の上に乗っているのが主流ですが、元々は集落などの入り口に設置されたのが始まりです。

比屋定バンタを望む展望台に来る人たちの守り神の役割もあると思います。

by | Categories: 色々なシーサー | 比屋定バンタの壁シーサー はコメントを受け付けていません。

沖縄の天ぷら

10月 9, 2013

沖縄の天ぷらと、本土の天ぷらは衣が違います。

さくさくした食感の衣に天ぷらのつゆをつけて食べるのが本土の天ぷら。

沖縄の天ぷらは、小麦粉と卵と塩で衣を作ります。

えび、いか、いも、魚などの具に衣のタネをからめて揚げると、ふわふわした食感の天ぷらが出来あがります。

衣に塩味がついているので、つゆをつけることもなく、そのまま食べます。

沖縄では天ぷら屋さんが多く、スーパーの総菜コーナーでも当たり前のように販売されていて、買った直後からおいしくいただくことができるのです。

by | Categories: 食べ物・飲み物・特産物 | 沖縄の天ぷら はコメントを受け付けていません。