重箱料理

8月 21, 2013

沖縄では旧暦の7月15日、旧盆のウークイ(お送り)でした。

ウンケー(お迎え)で御先祖様を迎えてからウークイまでは仏壇にお供え物をします。

最終日のウークイでは重箱料理を供えます。

御三味(ウサンミ)とも言うようです。

重箱料理は旧盆のみならず、清明祭(シーミー)、お彼岸などの行事には欠かせない料理で、中国から伝わりました。

「海、天、地」の食材を使った料理が正方形の重箱に詰められているそうです。

カステラかまぼこや紅白かまぼこ、揚げ豆腐、天ぷら、田芋、昆布、ごぼう、こんにゃく、皮付きの三枚肉の9品が基本ですが、地域によっては7品の場合もあります。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化, 沖縄の風景 | 重箱料理 はコメントを受け付けていません。