白梅学徒隊(しらうめがくとたい)とは沖縄戦で従軍看護婦として活躍して犠牲になった女子学徒隊のうち、沖縄県立第二高等女学校の四年生たちによって編成された部隊の名前です。

「白梅隊」「白梅看護隊」と呼ばれる事もあります。

「白梅学徒看護隊の壕」は、県内各所にあります。

今回は、具志頭運動公園の近くにある、農道の脇の壕。

壕の入り口は伸びた草木で少し影になり、暗いイメージでした。

戦死した白梅隊員、及びその関係者の霊の鎮魂を目的に建立されたという「白梅の塔」も存在します。

11月17日から天皇・皇后両陛下が来沖し、白梅学徒看護隊の生き残りの数名と対面したのは記事にもなりました。

ちなみに有名なのが「ひめゆり学徒隊」です。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 白梅学徒看護隊の壕 はコメントを受け付けていません。

電照菊 2012冬

11月 20, 2012

「電照菊」とは、菊の栽培方法を言いますが、沖縄ではこの時期になると「電照菊」の畑が名所になります。

菊は日照時間が短くなることに反応して開花するそうで、その性質を利用して、電気で照らし続け、開花時期を遅らせます。

それによって年中出荷できるようになりました。

南部の糸満市や中部のうるま市などでも栽培されており、沖縄の菊の出荷量は全国一を誇っています。

車を走らせるとイルミネーションのようにキレイな農道。近くへ行くと昼間のように明るい畑。

今後は白熱電灯が省エネルギー型LED電灯に置き換わっていくそうです。

by | Categories: 沖縄の動植物, 沖縄の風景 | 電照菊 2012冬 はコメントを受け付けていません。

那覇市の新都心地区と真嘉比地区を結ぶ那覇中環状線が完成し、10月28日には開通式が行われました。

那覇中環状線は、国道58号から国道330号を横断し、市道真和志中央線につながる2キロの道路。

新都心から首里方面へ行く車の渋滞緩和が期待されています。

最寄駅は「ゆいレール おもろまち駅」です。

開通式には、環状線のすぐそばにある「真嘉比小学校」の児童がエイサーを披露。

真嘉比地区は、現在拓けていく段階の地区です。

この開通によって、さらに地域が活性していくでしょう。

那覇中環状線(新都心~真嘉比)の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄のニュース, 沖縄の風景 | 那覇中環状線(新都心~真嘉比)開通 はコメントを受け付けていません。

金武湾港

11月 12, 2012

金武湾港は、沖縄本島中部の東海岸に位置し、北の宜野座村漢那から南の勝連半島まで2市3町1村にまたがるおおよそ19,400haの広大な海域を有する港湾です。

石油会社の稼働により、大型貨物船がおおく行き来するようになりました。

それ以来、中部の開発港として重要港湾として指定されています。

ちなみに沖縄県にある45の港のうち、重要港湾として指定されているのは6港です。

港湾のすぐ隣には緑地公園が整備されていて、広場で思い切り遊ぶこともできます。

金武湾港の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄で遊ぶ | 金武湾港 はコメントを受け付けていません。

石油会社「沖縄ターミナル株式会社」は、1972年に設立され、石油の貯蔵及び受払いを行っている会社です。

7日、18基ある原油タンクのうち1基の蓋がタンク内に沈下し、原油が流出する事故が起こりました。

本島中部中心に異臭騒ぎがあるなど、近くの県民は危機管理体制を協議するに至っています。

うるま消防による24時間態勢の警戒が続いていますが、県外からの機材搬入のため、作業開始は早くても10日になるそうです。

写真は隣の石油基地のタンク。

周辺には「出光」などの原油タンクも多く建ち並んでいます。

沖縄ターミナルの地図はこちら。

by | Categories: 沖縄のニュース | うるま市石油基地でトラブル はコメントを受け付けていません。

「道ジュネー」とは、芸能や祭りでの集落の路地を練り歩く行列のことをいいます。

「第8回やちむん通り祭り2012」で、エイサーの道ジュネーが行われていました。

沖縄国際大学のサークルの方たちの演舞です。

エイサーの「道ジュネー」は、旧盆の最終日(ウークイ)に主に行われます。

大太鼓やパーランクー、締め太鼓の音は、迫力満点。

それに優雅な踊り子たちが花を添えます。

身近でエイサーを楽しめるのが「道ジュネー」の醍醐味とも言えるでしょう。

by | Categories: 沖縄で遊ぶ, 沖縄の歴史・文化, 沖縄の風景 | 道ジュネー(第8回やちむん通り祭り) はコメントを受け付けていません。

那覇市壺屋は、琉球王朝時代からの、やちむん(焼き物)発祥の地。

シーサー、陶器を販売する通りを「壺屋やちむん(焼き物)通り」と呼びます。

石畳の道に瓦屋根の販売店が建ち並びます。

そこで11月3日、4日の2日間催される「壺屋やちむん通り祭り2012」は今年で第8回となりました。

通り沿いの「壺屋焼物博物館」を特別無料で開放する他、演舞、サンシンライブなどが行われ、各店舗でセール販売を行います。

琉装体験、ロクロ無料体験もあります。

普段は一方通行の道ですが、この2日間は祭りのため車両の出入り禁止となっています。

車は、近くの有料駐車場に停めましょう。

by | Categories: 沖縄で遊ぶ, 沖縄の歴史・文化 | 第8回壺屋やちむん通り祭り2012 はコメントを受け付けていません。