ゲッキツ

1月 7, 2012

「ゲッキツ」は奄美大島より南、沖縄から東南アジアにかけて分布しています。

ミカン科の種類だけあって、花はミカンの花に似ていて白い色をしていて、夏に開花。

ジャスミンに似た匂いがします。

果実は赤く熟すと食べられます。

別名(英語名)をオレンジジャスミン、シルクジャスミンといいます。

葉と根は血行促進、鎮静作用、抗炎症作用があるとされ、材は彫刻や、ステッキ、刃物や農具の柄、文鎮、印鑑、版木などに用いられるようです。

他にも観葉植物として人気があります。

by | Categories: 沖縄の動植物 | ゲッキツ はコメントを受け付けていません。