八重瀬町の富盛にある勢理城には、部落を守る石彫大獅子があります。

昔、富盛は火事が相次ぎ、人々が風水師に相談したところ、フィーザン(火山)といわれる八重瀬岳に向かってシーサーを建てることになりました。

が、村人が「神聖としている八重瀬嶽に直接向けられない」と少し方角をずらしていったそうです。

村落獅子タイプのシーサーでは最も古い(1689年)シーサーです。

最も大きい(高さ1.54m、全長約1.40m、幅約50cm、県内でも最大の大きさを誇っています。

沖縄戦をくぐりぬけてきたシーサーで、兵士が獅子に隠れながら銃撃戦をしました。

戦闘での弾痕が、今でもシーサーに残っています。

富盛の石彫大獅子の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化, 色々なシーサー | 富盛(ともり)の石彫大獅子 はコメントを受け付けていません。

「勢理城」は、八重瀬町字富盛(ともり)に位置しています。

ガジュマルなどの大木や草木が生い茂る広場のような城(ぐすく)です。

住宅地をぬって行きますが、小高い丘になっていて、富盛集落や近くの高校などが遠目に見ることができます。

「勢理城」というよりも、「富盛の大獅子」があることで有名で、看板も「富盛の大獅子」の案内となっています。

勢理城へと続く坂道の起点には、中間之御嶽があります。

その他近くには御獄(うたき)や拝所があります。

勢理城(せりぐすく)の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 勢理城(せりぐすく) はコメントを受け付けていません。

「宮古島市総合博物館」は、宮古島市東仲宗根添にある博物館。
宮古島の自然と歴史風土に関する資料を展示しています。
植物に関する資料や、祭りや伝統芸能など独特の風習を持つ宮古島の文化、歴史などをビデオや人形、ジオラマなどで紹介しています。
入館時間は9:00~16:30 (入館は16:00まで)。
休館日は月曜日ですが、祝日の場合は翌日となります。
大人300円、大学・高校生200円、小・中学生100円。団体割引もあります。
宮古島市総合博物館の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化, 離島 | 宮古島市総合博物館 はコメントを受け付けていません。