沖縄県宮古島市は、本島とは一味違ったイントネーションや方言を使用し、宮古島の人が話せばすぐに宮古島出身と分かるほど。

今日はそんな宮古島市の代表的な方言を紹介します。

宮古空港の到着ロビーに「んみゃーち」と書かれたのぼりがあります。

「んみゃーち」は、宮古島の方言で「いらっしゃい」「ようこそ」という意味。

本島では同じ意味では「めんそーれ」なので、違いがはっきりわかります。

ちなみに八重山地方だと「おーりとーり」と全く違う言葉になります。

宮古島には「ん」から始まる方言がいくつもあるので、しりとりが終わらないといいます。

「ん」から始まる方言は、「んま」=「おばあさん」、「んざんかいが」=「どこ行くの?」など。

よく聞く宮古方言は「ずみ」=「最高」、「だいず」=「とっても」、「たんでぃがーたんでぃ」=「ありがとう」。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化, 離島 | 「んみゃーち」宮古方言 はコメントを受け付けていません。