スイジ貝で魔除け

5月 31, 2011

沖縄諸島や先島諸島では、昔から魔除けとして家の玄関や家畜小屋に吊るす風習があり、今でも民家などで利用されている「スイジ貝」。

浅い海の珊瑚礁などに生息していて、6本の長い突起が特徴です。

この形が「水」に似ていることから和名「水字貝」の由来にもなっています。

成貝は突起を含めて殻長24cm、幅16cmにも達します。

殻が固くて丈夫なことから、装飾品や貝細工の材料として利用される他、食用にもなるそうです。

名護市と宮古島市では市のシンボルに採用されています。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | スイジ貝で魔除け はコメントを受け付けていません。