今年も「ジー」という高い鳴き声が聞こえてきました。

体長は2cmに満たない日本最小のセミ、イワサキクサゼミです。

毎年3月頃から少しずつ鳴き始め、蒸し暑いこの時期、盛んに鳴いています。

宮古や八重山諸島に生息し、本島では南城市の一部で見られます。

「鉢植えサトウキビ及びススキで幼虫を飼育した結果、 サトウキビでは2年で羽化する個体が多く、 ススキでは3年で羽化する個体が多かった」という研究結果もあり、サトウキビを好むようです。

活動時には葉の表面に、休息時には裏面などにいるようです。

午前9時半~11時頃最も活動が盛んなようです。

by | Categories: 沖縄の動植物, 沖縄の風景 | イワサキクサゼミが鳴いています はコメントを受け付けていません。