「知念大川(うっかー)」は、知念城跡の西側入り口にある川です。

水源地は「ウファカル」と呼ばれる泉で、琉球の創世神・アマミキヨが天から稲を持ち帰り、この地に初めて栽培したという伝説が残されています。

玉城の「受水・走水(うきんじゅ・はいんじゅ)」とともに稲作発祥地とされています。

東御廻り(アガリウマーイ)の拝所の一つとなっていて沖縄各地から絶えず参拝者が訪れています。

※東御廻り(アガリウマーイ)・・・沖縄民族の祖先といわれる“アマミキヨ族”が渡来して住みついたと伝えられている知念や玉城の霊地をめぐる行事のこと。

知念大川の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 知念大川(うっかー) はコメントを受け付けていません。