「受水・走水(うきんじゅ・はいんじゅ)」は、沖縄県本島南部の南城市にあります。

西側の受水(うきんじゅ)の傍らには御穂田(みーふだ)と呼ばれる田、速やかに流れる東側の走水(はいんじゅ)の前方には親田(うぇーだ)と呼ばれる田があります。

琉球稲作発祥伝説の中心となっています。

玉城仲村渠(なかんだかり)区に継承されている田植えの儀式・親田御願(うぇーだぬうがん)は、稲の始まりを神に感謝する行事。

親田御願は、旧正月後の初めての旧午の日に行われます。

市の無形民俗文化財にも指定されています。

受水・走水(うきんじゅ・はいんじゅ)の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 受水・走水(うきんじゅ・はいんじゅ) はコメントを受け付けていません。