「リュウキュウマツ」の花期を迎えています。

「リュウキュウマツ」は知られているように沖縄の県木。

本島各地にある「リュウキュウマツ」をよく見ると、枝の先に花が咲いているのが分かります。

「リュウキュウマツ」はマツ科マツ属に属し、北は鹿児島県トカラ列島の悪石島から南は沖縄県の波照間島まで分布しています。

耐風・耐潮・耐乾燥性に優れ、建築材や薪炭材、サバニの材料として用いられてきました。

この花が咲いている枝をゆすると花粉が飛び散ります。

2月~3月頃、4月の上旬まで見られます。

by | Categories: 沖縄の動植物 | リュウキュウマツの花 はコメントを受け付けていません。