毎年1月16日になると、「十六日祭(ジュールクニチ)」といい、沖縄ではご先祖様とあの世の正月を祝います。

重箱にお供え物を詰めて、お菓子、餅を供えます。

この「十六日祭」に、八重山、宮古島など離島出身者、またはそこにお墓がある人は、三重城から故郷の島のお墓に向かって、ご先祖様に対しウートートー(御願)をします。

ご先祖様を忘れず敬い大事にする沖縄独特の行事。沖縄で作られたカレンダーにはちゃんと「ジュウルクニチ」と記されています。

写真は三重城入り口。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 三重城で十六日祭2011 はコメントを受け付けていません。