ヤンバルクイナ

12月 28, 2010

「ヤンバルクイナ」は、1981年の数年前からヤンバルで目撃などが相次いでいて、捕獲後、研究・調査の結果、新種と判明されたクイナの仲間です。

沖縄県北部のヤンバルだけにしか存在しません。

全長は約30cm。特徴は、くちばしと足が赤いこと。(写真は剥製)

飛ぶことはできず、交通事故、側溝へのヒナの滑落、犬や猫、マングースなどの被害に遭い、絶滅が懸念されています。

1982年に国の天然記念物に指定されました。

ヤンバルの道路では、運転手に減速する呼びかけをしたり、マングースなどの駆除をしたり、側溝を塞いだり、「ヤンバルクイナ」を守る活動が続いています。

by | Categories: 沖縄の動植物 | ヤンバルクイナ はコメントを受け付けていません。