西原町にある「内間御殿」。

金丸(のちの尚円王)の旧宅跡に、没後百九十年を経たのちに建てられたそうです。

写真は内間御殿の中の東江御殿とよばれる建物。

これまで、元の建物の様子がわかる写真がありませんでしたが、2000年には写真が見つかり、復元、改修工事に取り掛かっている模様。

この後ろ側は、樹齢が何十年のガジュマルやフクギなどの植物がいくつも生い茂っていて、拝所、井戸などがあります。その雰囲気はまさに聖地。

内間御殿の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄の歴史・文化 | 内間御殿(うちまうどぅん) はコメントを受け付けていません。

台風14号接近中

10月 28, 2010

現在、沖縄本島地方には暴風警報が発令中です。

10時20分には本島内の公立小中学校に下校指示が出されました。

台風14号は現在那覇市の南南東にあり、時速20kmで北北東へ進んでいます。

中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45m、最大瞬間風速は60m。

まだ最接近ではないものの、雨風が強く、土砂災害や低地での浸水など厳重な警戒が必要な状況となっています。

沖縄本島と離島を結ぶ船便は全便欠航。

空の便も一部欠航となっています。

by | Categories: 沖縄のニュース, 沖縄の風景 | 台風14号接近中 はコメントを受け付けていません。

サガリバナの果実

10月 27, 2010

先日紹介した「サガリバナ」の花が落ちた後の写真。

長さ30~50cm程度のヒモ状の花序がたくさん垂れ下がり、花を咲かせるため「サガリバナ」という名が付けられたそうです。

写真をよく見ると一つだけ残っている花がありました。

これから卵型の果実になります。

花が咲くのは夏の初め頃で、西表島などでは「サガリバナツアー」が催されます。

高さは15mほどにもなり、「内間御殿のサガリバナ」は推定樹齢470年以上とされるそうです。

あまり身近ではない植物ですが、読谷村や名護市でも祭りが催されるほどです。

夜に咲く花なので「幻の花」とも言われていますが、来年は咲いている花を紹介したいと思います。

by | Categories: 沖縄の動植物 | サガリバナの果実 はコメントを受け付けていません。

「サガリバナ」は、東南アジアの熱帯・亜熱帯地域に分布し、日本では南西諸島に自生し、栽培されることもあります。

名前の通り、花が下がる形で咲きます。

毎年6月下旬から7,8月の間、夜に芳香を放ちながら白やピンクの花を咲かせ、その朝に雄しべ(花びら)を散らします。

写真は「内間御殿」の敷地内にある「サガリバナ」です。

マングローブの後背地などに自生していることが多いのですが、最近は水が汚れたりなどの原因で減少しているとのことです。

by | Categories: 沖縄の動植物 | 内間御殿のサガリバナ はコメントを受け付けていません。

渡嘉敷島を望む

10月 23, 2010

写真は、沖縄本島から渡嘉敷島を望んでいます。

右手前の丘のようなものは瀬長島。

渡橋名団地周辺は高台になっていて、天気の良い日には望むことができます。

それ以外も高台のホテルなどからも眺めることができるようです。

渡嘉敷島は那覇からフェリーで1時間、高速船でも35分かかります。

渡嘉敷島は慶良間諸島の一つで、写真の中には他にもいくつか島の影が見えます。

「近いようで遠い、遠いようで近い」離島の景色を望める場所は沖縄本島にまだまだたくさんありそうです。

by | Categories: 沖縄の風景 | 渡嘉敷島を望む はコメントを受け付けていません。

「中城(なかぐすく)パーキングエリア」は沖縄県中城に位置する沖縄自動車道のパーキングエリアのことです。

沖縄自動車道唯一のパーキングエリアであると共に、日本最南端及び最西端のエリアです。

1987年10月に開設されました。

大型駐車場はもちろん、ショッピングセンター、トイレ、携帯電話充電器も設置されています。

西原インターチェンジと北中城インターチェンジの間にあって、ドライバーたちの一休みやトイレ休憩に役立っていることでしょう。

中城パーキングエリアの地図はこちら。

by | Categories: 沖縄で遊ぶ | 中城パーキングエリア はコメントを受け付けていません。

小禄金城公園

10月 17, 2010

「小禄金城公園」は那覇市金城にある公園で、那覇西高校、金城小中学校に隣接しています。

赤瓦屋根のあるベンチが数個設置されていて、休日ではのんびり過ごす人や、学生たちが昼食を食べていたりもします。

駐車場はありませんが、横の路地に少しの時間なら停めることもできるでしょう。

せせらぎがあり、自然も多いので生き物観察もできます。

遊具は小さな木馬があるのみ。散歩目的で訪れるのが良いでしょう。

小禄金城公園の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄で遊ぶ | 小禄金城公園 はコメントを受け付けていません。

長堂川

10月 16, 2010

「長堂川」は、国場川から分かれた川で、豊見城市長堂を通っています。

翔南製糖工場、南部農林高校を通り、山川集落まで伸びる、全長約1500mの川。

昭和40年代後半から長堂川周辺の畜舎からの糞尿による悪臭が発生し、山川集落の住民が抗議運動を起こしたこともあります。

現在、悪臭は大分改善され、現在は河川周辺の、年2回の清掃活動を行っているようです。

河川周辺は、住宅が建ち並びますが、自然も多く、カモやシギの仲間を時々見かけることもできるそう。

過去に那覇市が主催する河川周辺ウォーキングなども催されたこともあり、探索しながら散歩するのもいいかもしれません。

長堂川の地図はこちら。

by | Categories: 沖縄で遊ぶ | 長堂川 はコメントを受け付けていません。

パレットくもじ

10月 15, 2010

「パレットくもじ」とは、リウボウグループの複合商業施設のこと。

1991年4月に完成。那覇市久茂地にあることからその名前がつけられました。

国際通りの入り口、県庁近く、ゆいレール「県庁駅前」と連絡通路で結ばれ、那覇市を代表する商業施設となっています。

地下の食品売り場から、化粧品、婦人服、紳士服、子供服、本屋、映画館、レストランなど、8階まで多くのジャンルのお店が入っています。

駐車場は地下駐車場があります。およそ100台入りますが、地下独特の空気が悪いので、近くのコインパーキングでもいいかもしれません。

パレットくもじの地図はこちら。

by | Categories: 沖縄で遊ぶ | パレットくもじ はコメントを受け付けていません。

ココヤシ

10月 13, 2010

「ココヤシ」は、沖縄にたくさん生息するヤシの一つ。

果実はココナッツとして有名ですが、沖縄の街路樹に植えられている「ココヤシ」はあまり実ををつけず、結実したとしても成熟しません。

果実は海水によく浮かび、遠距離への種子の散布が可能であり、利用価値も高いことから、熱帯地方でよく栽培されています。

幹は直立せずにやや斜めに伸びていきますが、写真の「ココヤシ」は添え木で補助しています。

耐寒温度は12度。

品種改良などで大きくならないものもありますが、大きいものでは30mを超えるものもあるようです。

果実が自然に落下した場合は、人間などに当たれば大怪我をするので、観光地では、熟した果実をあらかじめ落として回ることも重要な作業であるそうです。

by | Categories: 沖縄の動植物 | ココヤシ はコメントを受け付けていません。